クレジットカード現金化は自己破産ができなくなる原因 勉強になる話 電子マネーを対象としたクレジットカード現金化は安全対策をしっかりしよう

電子マネーを対象としたクレジットカード現金化は安全対策をしっかりしよう

0 Comment

電子マネーや電子ギフト券をクレジットカードで購入して、それを現金化するという手法が人気を集めています。

 

換金率は90%を超えることが多いため、「直接クレジットカード番号を伝えるよりも安全性が高いのでは」という評価の声も見られます。

ただし、こうした電子マネーを換金する時には、データの取り扱いに細心の注意が必要となります。

 

電子マネーや電子ギフト券をクレジットカードで購入すると、10桁前後の数字や文字を組み合わせた「コード」というものが送られてきます。

 

現金化をする際にはこのコードを業者に教えることで取引が成立します。ただし、1度教えてしまうとキャンセルはできません。

 

ですから、「買取額はいくらになるのか」「振込時期はいつになるのか」といった重要なポイントをきっちりと確認してからコードを伝えるようにしましょう。

 

コードを転送してから、重要なポイントを確認する、ということは決して行なわないよう注意が必要です。

 

悪質業者の中には、コードが分かった瞬間に換金率を大きく下げる、あるいは換金を拒否するというケースも見られています。

 

ですから、データの取り扱いには注意を払い、安全対策をしっかりと講じるように心がけておきましょう。

コメントを残す