電子マネーを使ったクレジットカード現金化

クレジットカード現金化は自己破産ができなくなる原因 電子マネーを使ったクレジットカード現金化

クレジットカード現金化で、もっとも換金率が高いのは金券を使う方法です。うまくいけば安定して換金率90%以上で、しかも金額を問わないなど大きなメリットがあります。

 

しかし高換金率の金券はクレジットカード会社に目を付けられやすいデメリットもあるのです。

 

そこで目を付けたいのは、電子マネーをクレジットカードでチャージする方法です。

 

自分がお金を使いたい物の支払いが電子マネーに対応しているなら、そのまま使ってしまっても問題ありません。

しかしそれとは別に、裏技として返品を活用する方法があります。

電子マネーは、チャージできても返金に対応していません。そのため返金処理をする場合は現金で行われます。

 

クレジットカードでチャージして何かを買い、それを返品すれば現金が手に入るのです。これもクレジットカード現金化として使える方法です。

 

何でもかんでも買っては返品することを繰り返すと、さすがに怪しいかもしれません。しかし電子マネーを使った買い物に対応しているサービスは多いので、1か所ではなく複数のサービスを使い分けると効果的です。

 

返品はお店側に負担がかかることにもなるので、あまり良い方法と言えないかもしれませんが、いざというときにはこんな方法もあると知っておいて損はありません。