クレジットカード現金化は自己破産ができなくなる原因 気にしない話 カードを使って現金化すればお金が得られる

カードを使って現金化すればお金が得られる

0 Comment

クレジットカードは、現金を持っていなくても買い物をしたりサービスが受けられたりする便利なものです。

今やクレジットカードを受け付けていないお店などはほとんどないので、キャッシュレスの生活を送るうえでも必要なものとなってきています。

それでも時には現金がどうしても必要ということはあります。

クレジットカードは現金がない時に使えるものですが、逆にクレジットカードを使ってお金を手に入れることもできるのです。

それがクレジットカードの現金化です。

現金化についての詳しい説明

現金化をもっと詳しく
カードを使って現金を手に入れることにはいくつかのメリットがあります。

まずいつでも現金を調達することができるということです。

クレジットカード決済で商品を購入し、その特典として現金を得たり、購入した商品を買い取ってもらったりしてすぐに現金が手に入ります。

特に商品の特典として現金を得られるキャッシュバック方式では、カード決済とほぼ同時に現金が振り込まれるため大変便利な方法です。

しかも現金化では貸金業者のように審査がないので誰でも利用できるのもメリットです。

商品を購入すればよいだけなので手続きなども非常に簡単で、24時間365日、基本的にはどんな時でも利用可能です。

もちろんだがデメリットも理解しておく

一方でカード決済を使ってお金を手に入れることにはデメリットもあります。

その一つが商品代金よりも手にする現金が少ないということです。

これはどんな現金化業者でも同じですが、およそ商品代金の70%から80%程度の金額になります。

というのはクレジットカード決済では手数料が5%程度取られるので、換金率95%以上では業者の赤字になってしまうからです。

したがって95%以上の換金率を謳う業者は間違いなく悪徳業者ということになります。

こうした悪徳業者に引っかかってしまう危険性があるのもデメリットと言えるでしょう。

クレジットカード決済で商品を購入するため、当然カード会社への支払いは残ることになります。

あまり現金化を使いすぎると、返済が苦しくなってしまうというのも注意すべき点です。

そして最も大きなデメリットが、現金化はクレジットカード会社の規約違反であるということです。

規約違反がばれた場合、クレジットカードが利用停止になることもあります。

そうなるとお金が得られるどころかショッピング枠自体が使えなくなってしまうことでしょう。

こうしたデメリットがあることもよく理解したうえで、現金化を利用するかどうかを決定するようにしましょう。

コメントを残す